• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vs横浜FC 現場感

試合中、今日は攻撃の形がなかなか見えてこない。
それでも競り合いを厭わずファイトしている選手と
今日の長良川競技場の雰囲気を肌で感じて
ビハインドの状況でも負ける気がしなかった。


試合後、内容に反省と嶋田がメガホンで話していた。
そうだな、現状に満足しとっちゃアカンな。
もっと上を目指そうな!


選手・フロント・サポーターそして、スポンサーに地域。
どの要素が欠けてもクラブは成り立たない。
今日は本当に皆よく頑張った。
非常に現場感のある試合だった。


勝利は岐阜を応援するその誰もを幸せにするね。
俺はサポーターなんで、お金はとんと稼いでこないけど
応援で貢献したいし、現場で続けたいな。


もっと皆で喜びたいし
皆で強いクラブを作っていきましょう!
サポーターは自分がいかに貢献(行動)できるか?
ここに尽きるから!!


応援の時、俺が汗臭い密集を好むのは
「至近距離」の方が人の想いが伝播するし現場感があるから。
故郷:岐阜の名がつくユニフォームを着てファイトする選手たちに
少しでも近くに、気持ちの密度が高いモノを伝えたいと願うから。


もう少しいうと、サポーターの皆さんと同じ空気を吸いたいから。
スタジアムに通ってると「同じ釜のメシ」食った感じになるワケ。
そういうアナログな現場感を、もっと皆で味わいたい。


人様と仲良くなるのは最優先じゃないけど。
ひたむきに声援を送って、結果的に絆を深めればよいだけ。
叱り飛ばさんと仲間がダメになる時があるで仲良しが苦手なんだわ。


そんなワケでうっとうしい俺はこう叫ぶ!
もっと「至近距離で」やりましょう!!


さらに、この度は私からお願いがございます。


それはスタジアムのベンチの上で跳ぶのやめときましょう。
しかーし、俺達自身がぶっ壊れるのは、どんどんやりましょう!
モノ(スタジアムの椅子)ぶっ壊す方はさ、諸費用かかっちまうんでね。
誰が払うんだろうな・・・って少し想像すると・・・・ね?


ただ俺はルールがえてして、人を縛るんで嫌いなんだ。
ルールよりは、現場で揉まれた知恵とか習慣とか約束の方がよっぽどいい。
ともあれ、話が脱線しましたがそいつをお願いさせてください。
その分、厚底の靴履いて跳んでさ、ボリューム感ある旗ブン"舞わそう"ぜ!


それでは、良いお酒を!
良い子はジュースで"アリ"乾杯!!


【HANZO】
スポンサーサイト

嘘で、誤報で、取り消しがあってと思うが。
片桐淳至が移籍するらしい。


相思相愛だったカカーを失ったACミランTifosiの気持ち。
サッカー批評に出ていた「私すっごくビンボーです。今更周知の言い訳記事」のリリースタイミング。
この虚しさといったらない。


彼のキャリアアップになればという声もある。
彼は素晴らしい選手だから、オファーがあるのは当然だ。
ただ、本質は・・・その内容を丁寧に見てわかることだ。


移籍金最終年での移籍を考慮すればスジガキというのは容易に見える。
移籍金といっても相場を考えれば・・・高くもないだろう。
俺達の片桐は、はした金を詰まれて売られる選手じゃない。


ここまで、切迫しているから仕方がないという見解もある。
最後のカタナは抜かないようにするのが、仕事というものだ。
FC岐阜はまだまだ、お金・・・というよりは企業としての信頼を集められてなかった。
お金がないんじゃない!繰り返すけど信頼を得るに至ってない。
そこを見過ごすと悲劇は繰り返される。


企業が集められなかった信頼とカネ。
それをピッチで存分に信頼を発揮した選手が肩代わりしての移籍。
そんな風に感じてしまう私はひねくれ者だろう。


FC岐阜サポーターは心まで貧乏ではない。
そんなサポーターの拠り所と、選手と築き上げた信頼まで取り上げられてしまうとは情けない!
片桐は点を獲ったり、勝利をすれば笑顔を隠しきれないヤツだ。
彼の進化と、岐阜の進化がリンクしていただけに喪失感は大きい。


「共に育つ」とは、いかがなコンセプトか?
共に育っている仲間が、売られてしまう悲しさ。


「子供達に夢を」
私の父親は、仕事の辛さや愚痴は一度もこぼさなかった人物だ。
金がないなど頻繁に発信している企業が何故「夢を」なのだろう?





ともあれ、自分達の考えは岐阜の選手とチームの為に応援をする事だ。
明日は岐阜のチームと勝利と、片桐淳至の為に全霊を発揮する。




【HANZO】

20090425120126.jpg

AWAWで見せる気迫と、いい流れ。
これを岐阜に持ち帰って、皆で勝とう!
何度も何度もチャレンジして、勝てない。


今日の試合は「キモチが強いほうが勝つ」って思ってた。
でも、試合後に思うわけだ。
「勝ちたいキモチが強い方が勝つ」


相手チームは、完全にサッカーを犠牲にしても勝ちたいというものが見えた。
・チーム状態が良くない。
・長良川の水溜りピッチ。
きっと、これが背景にあって前線に素早く放り込むサッカーをした。
これに、何としても勝ちたいというキモチ。
それが、岐阜DFが必死のクリアをする時に圧力をかける。
結果として、岐阜陣内でのゲーム時間が多くなる。


翻って岐阜は、玉の走らないピッチで「繋ごう」としていた。
おそらく、そういうコンセプトがあって、それを守らなければならなかった・・・のかな??
そんな風に見えるほどに愚直に繋ぐ姿勢が見え・・・後半もさほど変えなかった。


岐阜はここ数試合、期待が持てる試合をしていた。
HOMEに帰り、その試合を・・・よくメディア等でいわれる「自分達のサッカー」ってやつ。
それを存分に示して勝ちたかったのかもしれない。
ただ、時としてそれを捨てる日も必要なんじゃない?
って、思えるほどに長良川の、そう本当に長良川横にあるピッチは水はけが悪い。
HOMEグラウンドの特性を知っていて、という事であれば采配ミスと言えた。
ひょっとしたら、フレキシブルに「命令無視」をするのも現場だと思う。
でも、岐阜はそんな風土じゃないのかな???何て方が心配な試合だった。


失点時のミスについては、何もいわない。
そういう事が起こり得る状況で、シュートを果敢に打つと成果が出る。
ただ、恭平にはキックについてレベルアップして欲しいと願う。
俺達はまだまだ上を目指していくんだ。
だから、今日みたいなキックをしていてはいけない。
ゴールキックがミスや距離が出ないから、岐阜陣内での試合時間が多い要因となった。
些細な事の繰り返しだけど、ゲームの流れなんてデリケートなものだ。
失点時のミスより、そちらの方が気になり奮起をして欲しいと願うばかりだ。
ただ、至近距離からの反応は素晴らしく、彼だったから「失点1」だったともいえる。


俺は他人だけに要求をするのが流儀じゃない。
だから、サポーターも個々でレベルアップしたい。
もちろん、選手もチームも、そしてフロントもレベルアップだ。


試合後、仲間と話しててね。
「どーやったら、勝ってもらえるようになるんスかね」
そしたら、即答で仲間が言うわけだ。
「継続しかないでしょ!」ってね。


雨風大変な中、皆様お疲れ様でした。
さぁ、今度も勝つための準備・・・ダンマクでも干すとするか。
・・・カァちゃん達には内緒だぜ。
20090425210757.jpg








【HANZO】






【おまけ】
20090425120258.jpg


本日のキックオフ前、1時間ミーティング。
飛び入りで、ゲストが来てくれた。
5/2に素敵な届け物をしてくれるという。


このデッカイ届け物を、皆で味わおうじゃないか!

20090419150423.jpg


どっちが勝ってもおかしくない試合は。
どっちが勝ってもおかしくない。


やっぱ、トドメを刺さなくてはやられる。
攻守が表裏一体なスポーツなだけに、後半戦はスリリングだった。
ある意味では、トドメを刺せなくても負けなかったのは評価できるかもしれない。
それぐらい岐阜のディフェンスは格闘して、ガイジンとデカイのを抑えた。


勝負所で最高の力を発揮する。
今の岐阜は好チームであるけれど。
あと一歩が出ない。
ここで、奮起しようじゃないか。


イイ線までいってる奴はごまんといる。
決定機で決めきる!
ピンチのセットプレーは全力で守りきる!


HOMEで勝利する!
これは、プレッシャーでもなんでもない。
チームはこれに応えてくれる状態であると思っている。


さて、ボールが蹴れないサポーターの俺。
やっぱり、早くスタジアムに来て準備するだけ。
変わらず、変わらず、続けるよ。


HOMEで勝たせる準備をする。
俺は皆が団子のように集まって。
息遣いが聞こえるくらいに声を枯らすのが好きである。


何故なら、チカラも声も集中した方が発揮できる。
俺は選手に集中しろとは言わない。
俺が集中して応援する!!


自分がどんだけ為になるかっつー所で、岐阜の勝利に貢献したいな。
届かないと思えば、近くに寄る!







【HANZO】

20090411152230.jpg


お互いのチームが持つ若さが、いい意味でも・悪い意味でも出た試合。
ミスは誰でもある、しないに越した事はない。
それを、チーム・サポーターでカバーした点が良かった。
諦めないで、アクションしつづけて、ようやく奇跡が起きるかどうかって事だ。


2点のビハインドで、やる事がハッキリした。
時間のある2点リードは、『受け』が働きやすい。
ソコを突くのがセオリーというもの。
『1点返せば、状況は劇的に変わる』
じゃあ、俺達はまず1点返す事に集中したサポートをしよう!
そういう経験をサポーターが積めたことも小さくはない。


PKを獲得したシーンもそう。
ディフェンスが2人で挟みこんで来たら、その真ん中を攻める。
それが、セオリー。
セオリーを経験して、やれるようになって、サポーターも強くなる。




岐阜サポーターは『ナダレ』る。
『ナダレ』発祥の地で、起こった大雪崩。
思いのたけを声援に変えて、俺達のチームが勝てるようにと助け合おう!


今度は勝って、大ナダレだ。
目先の1勝に、とことん固執しよう!!





【HANZO】






【追伸】

次回HOMEの仙台戦。
お仕事、学校がある中ですが『La NAGARAGAWA』に集いましょう!


横断幕の設置をお手伝い頂ける方は、お助けください。
平日開催とあって、人手でご協力頂ければ幸いです。
スタジアムを彩っていくのも、なかなか楽しいものなんです。
私も、キックオフの3時間半前にはスタジアムにおります。


共に、岐阜を・スタジアムを創りましょう!!

20090411154310.jpg
※横断幕はこんな具合に輸送されます・・・天気でよかった(汗)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。