スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開幕戦 VS甲府

SN360271.jpg

FC岐阜にとって、記念すべきJリーグ開幕戦はAWAYの甲府戦でした。
試合内容の方は、「客観的な視点」をお持ちの方にお譲りしましょう。
結果は1-1の引き分けでした。


初戦だった、AWAYだった。
シュート数は3本しかなかった。
ビハインドから、流れを引き寄せて追いついた。
そんな中、勝ち点1を得た…そう評価する方も多いんじゃないでしょうか。
たしかにスタートとしては悪くない。
もちろん、「引き分けの文化」も知らないわけじゃない。

だけど、現場におりました俺の感じ方はといいますと…。
今日は終盤に勝てる"流れ"があったのだけど、決められなかった。
闘牛なら、もう一押しで仕留める事ができた所を逃した。
あくまで個人的な印象なので、感じ方はそれぞれあると思います。

ただ、今日の玉際の激しさや、試合後の選手の表情を見て改めて感じました。
彼らも我々も、真剣勝負とは、勝つ為を目的としてやっているのだと。
だから今日の引き分けは、ポジティブであっても満足は程ほどお預けに。
そりゃ、全員があんなに体を張って、コジが同点GOALをこちらに捧げてくれたら…ね。
嬉しいに決まってるじゃんか! 爆発して当然!!

でも俺達は引き分けでも、J2参加でも満足してはおりません。
もっと、喜べるステージを目指したいと再確認できた開幕戦でした。




(P.S.)
小瀬は初めて行きました。
友人から「また来たくなるスタジアム」と聞いていましたが、納得しました。
運営・ボランティアさんも挨拶から始まる「人対人」のコミュニケーションを感じました。
試合前は戦(いくさ)に来たつもりだったので、試合後改めて挨拶をさせていただきました。

また、来たいものです。
正々堂々と、勝ち点"3"を頂戴に参上します。

【Hanzo】
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。