スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vs 水戸

20080429122925.jpg

FC岐阜 3 - 1 水戸
笠松運動公園 (1,971人)



--------------------------------------------------------

この試合、FC岐阜はメンバーを入れ替えて臨んだ。
先発には森山・深津・菊池選手の姿がある。

ここ数試合、"自分の意図するサッカー"をしているFC岐阜。
課題も見えるものの、個人的に1番心配したのは「消耗」だった。
本当によく闘えている、選手が持ち味をだして機能している。
しかし、この実直なスタイルが連戦や気温の上昇でどう影響するか?

メンバーを固定化していることで連携が高まっている。
でも、人間のする事だ、勤続疲労で来る下降が大きいんじゃないか?
どうか、選手が大きな怪我をしませんように…。
とまぁ、内心かなりの心配をしていた。

だけど、俺は間違っていたと感じた。
きっと、どのチームもそういう要素はある。
FC岐阜は所属選手がしっかりと準備をしてる。
そして、チームとして機能するサッカーをしている。
試合後の監督の談話レポートが全てを物語っている。
(※ J'sゴールを参照ください)
選手の努力に、監督の仕事に、脱帽した。

--------------------------------------------------------

前の2試合、後半に競り負けた岐阜。
立ち上がりは慎重に試合に入っていた。
メンバーが馴染むまで時間も必要だろう。
何より、もう息切れはしたくない。

前節3得点、若い選手が多い水戸。
経験も素晴らしい武器だが、若さも素晴らしい武器。
特に6番と、9番の選手の動きが良い。
また、先日チーム創始者が亡くなり、特別なモチベーションだろう。
彼等もまた、HOMEで本当に勝ちたいはずだ。

試合の前半、そんなわけなのか?どこか様子を伺っていた両チーム。
「これは、前半スローペースかな??」
「前半から焦らさないで、後半しっかり勝負だ!」
そんな事を考えながら、声援を送った。

しかし、この中にとにかく得点をという男がいた。
実は森山選手の正直スタメン起用には、非常に驚いた。
この日も、前半の決定機2つ以外は機能していると言い難い。
競れないし、ボールをよく失うシーンが目立つ。
しかし、彼は「一発回答」で自らの価値を見せ付けた。
まさに、リアルストライカーだ。

試合後、松永監督はこうコメントしている。
「森山に関しては片山が悪かったというわけではなくて
チームの流れを変えたかったので、彼を先発に使って
使うことによっての精神的な部分であったり
もう一度戦術的な確認ということを狙いとして彼らを起用しました」

選手の持つ役割こそ異なるが、昨年のJFLでの采配を思い出す。
昨年岐阜Bから、松江選手をいきなりスタメン抜擢した事があった。
スタメン、ベンチ入り選手だけが選手ではない。
FC岐阜は所属選手が皆闘っているんだ。
まるで、そんなメッセージと共に。
昨年、抜擢された松江もチームのピンチに、先制点をニアポストで獲った。
今日、森山がしたように、グラウンダーボールに体を投げ出して。
それが、走馬灯のように頭を巡った。

正当な競争があって、刺激を受けることが出来る。
勝ちたいという思いが、同じベクトルであれば集団は機能する。
競争の中で、辛い想いもきっとあるはず。
しかし、それをプロフェッショナルに闘った選手達。
水戸戦では、とりわけフレッシュな選手達に賛辞をおくりたい。

ウォーミングアップで、玉拾いをする小峯主将にも。
点が欲しくて堪らないだろうに、2つのアシストをした片桐選手にも。
あぁ、今日は中央突破でシュートを放った北村も…皆よかった。
「勝つために」各々が何をしたらいいか?
そういう、想いが行動に現れているチームだと嬉しかった。

次節はタメを作れる梅田選手が出場停止だ。
ファインプレーでのイエローは残念だが、これで休ませられる。
連戦・移動で休ませることが出来ると解釈すれば、ネガティブさはない。
代わりには誰が入るのか?けっして梅田選手のプレーをする必要はない。
入った選手が、チームの為にその能力を思う存分出して欲しい。

--------------------------------------------------------

ところで、GWシリーズもそうだが、J2は試合数が多い。
「皆で闘う!」これをフルシーズンまずやりきりたい。
"皆"っていうのは、もちろん俺達も入っていたい。
"皆"っていうのは、会社としても、地域としても。

今、現場が成果を見せてくれている。
彼等に、それぞれの立場で応えたい。
そうしてプラスを積み重ねたい。

どのピースが抜けても、悲しい事になる。
例えば、シーズンオフにストーブリーグで辛い思いをしたり・・・とかね。
逆に、全てのピースが揃えば、今日のような喜びが得られる。

まだまだ、岐阜はそれぞれのピースを育てている所。
俺は、完成した大樹に乗っかるより、コツコツ皆と付き合いたいよ。



【HANZO】

--------------------------------------------------------

【お・ま・け】
20080429145936.jpg

試合後に、メガホンを手に取るガチャ。
どんどん、良いプレーが出ていて逞しいね。
何を話したか????内~緒ッ!

20080429145855.jpg

試合後に、メガホンを手に取る監督。
インタビュー後なのか遅れてやってくる。
1人で深々とお辞儀をしていた所を、サポーターに捕まる(?)
コメントから、人柄がうかがえるね。

20080429115101.jpg

水戸のスタジアムグルメ。
非常に美味しいメニューが揃う。
良いスタジアム、人当たりの良いボランティアさん。
DJが会場を”盛り上げようと”盛り上げ、ほのぼのとしたBGMが流れる。
どこか牧歌的で敵味方問わず「戦意を奪うような運営」が印象的でした。
おそらく、世界一安全なスタジアムなのでしょう。
ただ、選手や、サポーターにはどう映るのだろう?

20080429145208.jpg

得点後、肩を組んで喜ぶ岐阜サポーター達。
気がつくと自然発生的に皆が肩をくんで歌っていました。
俺はね、サッカーの最大の喜びは、味方が勝つことだと思うんです。
それを一生懸命に想う仲間だから、この輪ができるんだと信じてるよ。
これ以上のご褒美はない・・・んじゃないかな。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。