スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vs 熊本

20080511152748.jpg

熊本 0 - 2 岐阜 
熊本KKウイング 4,608人




「昇格ダービー」に「同期決戦」
そういった名称をつけるのが、現在のトレンドなのかな。
自然発生的な「想い」がなけりゃ、それはプロモーション。

俺は向こうの選手や、サポーターの顔は知らない。
でも、Jクラブを誕生させて発展させたいという想いは伝わるからね。
対戦相手として、とてもリスペクトしてるよ。
たしかに、熊本に"も"負けたくない。

ただ、当事者以外が名称ありきで宣伝されても…ね。
ひねくれものは苦笑いをするしかないでしょ。

-----------------------------------------------------------------

試合に臨むまで、「勝ち点を奪えば良い」と思っていた。
もちろん、FC岐阜のチーム・選手は信頼している。
それでも、まずは連敗を止める方が大切だと感じていた。
ここで、まず流れを変えてHOMEに帰りたい。

闘っている選手に、要求だけをするわけでもなく。
最低限の結果を出して、HOMEの3連戦に良い形で臨みたい。
やってるサッカーは、良いと思うんだ。
やや過保護な表現かもしれないけど、そう繋げたいと思っていた。

-----------------------------------------------------------------

キックオフ直後、熊本の当たり…あえてプレッシングとは言わない。
それが、強烈にそうに見えた。
「相手は岐阜を"意識"してるの???」
「それとも、そういうスタイル??」
しかし、よく見ていると、それが「強烈」とも違うことに気がつくのだ。

岐阜のボールの奪い方は、「複数人での囲い込み」で組織化されている。
熊本はボールが獲れなくて、やや遅れ気味で文字通り"当たって"くる。
意図してのラフプレーではないが、ファール気味に止めざるをえない。
それは、うまくボールが奪えないから。
ボールのまわし方1つ、競り方1つ、当たり方1つ。
そして、プレスのかわし方が決定的に岐阜の方が巧者だった。

相手の11番は質が高い良い選手だな…とも思った。
だけど、それぞれポジションの局地戦で負ける気が全くしない。
ボールキープにしても、岐阜はグループで保持している。
試合後、相手監督が談話で「前半0-0、ボールを蹴って安全に行けたら」
そんなゲームプランが紹介されていた。

ピッチ上では、そんな優劣の思考ゲームがあったのかな。
それに加えて、老獪な梅田選手の動きに相手がたまらずファール。
2度目の警告を受けて、前半で岐阜は1人多い状況となった。

その後、面白いように攻撃が展開される。
それでも56分まではゴールを割れなかった。
俺達は、選手達を信じて声を届けるだけ…といっても人数は相当少ない。。。
1人1人の声量を上げたり、ありったけの想いを送るしかないんだけど。

ただ、こういう展開で点がなかなか獲れないと、流れが逆になる事もある。
そこを焦らせないように、声援を届け続ける。
それが後半戦序盤での歌に表れていたのかな。
長い時間継続して歌われているんだと感じた。
「焦ることはないさ、信じて待ってるから、点獲ってこいよ!!」
長く歌うのは体力を使うけど、そう想えばけっして辛くはない。

何故なら、俺達は別に観戦に来てるわけじゃない。
一緒に闘っている意識で、やっているから全然へっちゃら。
多少、見にくい席でも声が響く位置でやれたら効果的なんだ。
チャントで跳ぶのも、タオマフや旗振るのも、選手を高揚させる為。
それが、結果として楽しければ最高だけど、俺らが楽しむのがありきじゃないよ。
押し合い、へし合いも、同じ気持ちでやるとね・・・良いモンだよ。

そんな中で、梅田選手が先制点を獲ってくれて、片桐選手が追加点を獲ってくれた。
こんな嬉しいことはない!
攻撃のパターンも複数見ることができたし、守備も4月と違う味が出ても機能していた。
非常に理想的な展開で、勝ち点3ポイントを奪取することに成功した。


-----------------------------------------------------------------

今日は更に嬉しい事があった。
それは無失点のゲームだった事。

風が強い難しいゲームだったものの、「粘り強い守備」が戻った。
センターバックの深津選手のインターセプトは冴え。
菊池選手の頭脳的なカバーリングは的確だった。

更に、今日はGKの水谷選手を讃えたい。
実は、前半開始早々に2・3本のピンチがあった。
後半相手が、0-2の相手がリスク関係なしに攻めた時間もあった。
これらを、彼らしい瞬発力で素晴らしいセーブをし、流れを渡さなかった。

まだまだ、これからの部分が楽しみな若者。
そう、まだまだ、これからなんだ。
日野選手・河野選手、経験あるGKもいる。
試合に出て特に成長するポジション。
これからも、目が離せない。

そして、試合後、小峯主将と松永監督がガッチリ握手をしていたのが印象的だ。
奈須選手のライン際のディフェンスも良かった。
ディフェンスはチーム全体でするものだけど、待たせやがって!
初完封、おめでとう! 是非続けて欲しいし、続けられるように声援するよ。
今日は、ナイスゲームをありがとう!!!



【HANZO】


-----------------------------------------------------------------

【お・ま・け】
20080511144848.jpg

スタジアムで販売していた「辛子レンコン」
好きなんだよね、コレ。

20080511123755.jpg

KKウイング外観。
非常にキレイな公園の中にあって、空港も近い。
翌日、仕事のサポーターも多く、撤収は"大脱走状態"でした。

20080511175446.jpg

20080511175712.jpg

今日のヒーロー達
非常に連動した良いサッカーをしていたよ。
前節から1週間経ってないのに、改善されていたよ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。