スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vs 愛媛戦?

岐阜 0-1 愛媛
長良川競技場 2,090人









今日の敗戦の後、ピッチの中に不満を持った方がいたかもしれない。
俺はというと・・・実は、まったくその逆だった。
選手の皆に申し訳ない気持ちで、視線を合せるのが辛い程だ。
それは、岐阜を愛するサポーターとして、闘う雰囲気を準備できなかったから。


長良川競技場は、・・・あの日。
試合前は、お遊戯をする雰囲気だった。
俺は「力の限り応援する」と決めた自分は、自責の念があった。
球団スタッフを含めて、一体何人の人間が「本気」だったのだろうか?


一生懸命やってる人はやってる。
でも、結果的に長良川競技場の雰囲気に、それは現れてしまっている。
これから闘いに行く、俺達の"代表"。
彼等の闘志を高める事はできたのだろうか?


スタジアムには様々な楽しみがあるかもしれない。
でも、何をやっても「岐阜の勝利」を凌ぐ楽しみと、満足感はないんじゃないかな?
それを達成する為の雰囲気が、岐阜にはなかった。


---------------------------------------------------------------------------


よく、サッカーに「試合の入り方」という話を聞くことがある。
監督は、試合後この「試合の入り方は、良かった」とコメントしている。
俺は、全く逆。「試合の入り方は、最悪」だと感じている。
どちらかが、嘘をいっているのだろうか?
どちらも嘘をいっているつもりはないだろう。


ピッチ上のイレブンは、良い入り方を用意していた。
しかし、長良川スタジアムの雰囲気は「闘う状態じゃなかった」
俺は、そうだったと反省している。
まったくもって、恥ずかしい事だ。
これを、恥ずかしいと感じることが出来ない。
そうであれば、岐阜にJリーグが根付く事は非常に難しいといえる。
「気が付く」ことが進化の第1歩だから。


では、「試合の入り方」とは何か?
これは時間的には、どの辺りを示しているんだろう???
例えば、皆さんは試験や仕事の時に事前準備をしないだろうか?
まさか、試験が始まっているのに試験勉強する事はないと思う。


何を申し上げたいかといえば、「大切な負けられない事」
人は、これに対して事前に準備をする。
だって、人生を左右するような試験だったら、それぐらいするでしょ?


俺達が支える選手達は、人生を懸けて勝負してる。
大げさじゃないよ、勝てば天国、負ければ地獄の世界なわけだ。
これが、試験を控える家族であれば、いつから支えるだろう?
・・・いわずもがな、試験(試合)が始まる前からだよ。


つまり、試合が始まってから、ヒートしているようじゃ遅いって事だ。
ましてや、ゴールが決まってから、味方がいよいよ不利になってから。
遅いなんてモンじゃない・・・・手遅れだ。


---------------------------------------------------------------------------


この点で、岐阜サポーターは、まだまだだ。
試合前の静寂や緊張に耐えられないで、つい談笑をしてしまう。
無言だったり、空気が重くて・・・"間をもたす"為に喋ってしまう。
そんな気持ちが、わからなくもない。
俺だって、そうやって「間が耐えられないタイプの人間」だから。


でも、共に目的や価値観を共にしている仲間なら…無駄な言葉はいらない。
なぜなら、「味方チームが勝つ為のことをする」それだけだから。
サポートには色々な考え方があって、難しい。
応援論になるとそういう話でまとめる風体がある・・・だが、適切ではない。
皆、そりゃ勝って喜んだほうが良いに決まっている。
それの為に、応援するのがゴール裏サポーターだ。


試合開始直前に、談笑しているってのは、こういう事だ。
「味方チームを勝たせる事」より「そこで、出会う方との社交」のウエイト。
その方にとっては、後者の方が高いという事。
そして、それは何も恥ずべき事ではなく、優劣の問題でもない。
ミスマッチなのは、観戦のポジショニングの問題だと思う。


よくある話だ。
部活や勉強に興味がないけど、仲良しの友達がいる。
彼等と遊びたい子供が、部活や勉強に没頭している子供を遊ぼうと誘う。
結果、皆が遊んでしまう。
遊びが悪いわけではモチロンない。
遊ぶ時間や目標が合わない者同士が、一緒に遊ぶのは…どうなのかと言う話だ。


今現在、FC岐阜のゴール裏は様々な「温度差」が存在している。
そして、そういう皆さんが混在している。
ここに、ミスマッチが存在してしまう。


実は、偉そうに言ってる俺自身が昔はそうだった。
だから、沢山の方にお叱りを頂きたいと思っている。
そう、「サッカーを通じて会う仲間との交流は実に楽しいものなのだ。
だって、"外国"(※Jチームの意)と競り合う事がなかった。
"今の所J2基準"で闘う事を経験することがなかった。
俺の無知さが、かつてはそういう「交流ありき」の楽しみ方だった。
・・・でも、これも恥ずべきものではない。


だから、試合に勝ちすぎても、負けすぎても・・・・良くはないんだ。
何故なら、そうすると自分の参加意義が「仲間との交流・親睦」がメインになる。
多分、こういった問題は強豪チームでも、弱いチームでもあるはずだ。
勝ち過ぎれば、「応援しなくても…」「寄らば大樹の陰…」が増える。
負けすぎれば、辛い現実から逃避して、「サッカー以外」に楽しみを求める。
・・・・それをサッカー場の中でやっちゃう。。。全く、おかしな話だ。


---------------------------------------------------------------------------


以前、お話をさせて頂いた事がある。
「FC岐阜のゴール裏は素晴らしい」
「何故なら、人を排除する事がない雰囲気だから」
チームによっては、声を出して応援しない方を"整備"する話も聞く。
"整備"などといえば、聞こえは良いが、これは"強制排除"だ。
同じチケットを払っている人に、「どけ!」というわけだ。


岐阜では、そんな事は行われていない。
そして、私は皆さんの事が大好きである。
ただ、スタジアムに来て試合開始1時間前にはGKのアップが始まる。
彼等は「大切な試合」の為に「準備」をしているのだ。
この時間に、ゴール裏がスカスカで、笑い声が聞こえているのは、どうか?と問う。
踏み込んでいえば、「そんな試合を大切にしないのは、ゴール裏の人間じゃない」


試合が終わって、負けてしまった。
1人1人が作り上げる、勝負の雰囲気なのにできなかった。
それを含めて、完全燃焼しても・・・俺は選手に文句など到底いえない。
何故なら、自分もゼッケン12番なのに「チームとして機能しなかったわけだ」


---------------------------------------------------------------------------


人の行動は自由であるべきで、強制などはできない。
やって良いはずがない・・・俺はそう考える。
だから、私は皆さんに考え方を届けて、態度でのご返答をお待ちする。
その上で、あらためて「ゴール裏は応援するところだ」と主張する。


どうか、その空気を察して欲しい。
選手が移動や、将来の不安や、体力の限界にチャレンジしている。
ゴール裏のサポーターであれば、「親睦」より優先するものがあるだろう。
「親睦」短時間…犠牲…いやいや、言葉がオーバー過ぎる。
「親睦」"ちょっと"我慢する事はできないのだろうか?


我慢できなければ、場所を代えてお喋りを楽しめばいいじゃないか?
シートに腰かけて、酒とサッカーを楽しむ…素敵な楽しみ方だと思う。
1週間ぶりに会う、ご婦人達と話をする…これも素晴らしいコミニケーションだ。
・・・・ただ、ゴール裏ではどうか、"察して"頂きたい。


誰も、悪い事なんてしていないのだ。
それなのに、ポジショニング(適正な観戦場所or観戦法)によって摩擦は起きてしまう。
本来は、喧嘩する必要がないのに、お互いが損をしてしまう。
もったいない話だ。





しかしながら、付け加えてお知らせしたい。
それらを我慢してでも、皆と全力を注ぎ得た勝利。
これは、何にも代えがたい喜びと一体感があるという事を。
これ以上のご褒美はなく、これ以上に皆が幸せになるものはなく。





---------------------------------------------------------------------------




俺は、1人で勝手に上記の考え方がないと、岐阜は絶対勝てないと思っている。
HOMEゲームはあと何試合ある?
俺のような"ジン"はAWAYでも、飛んでいってしまうだろう。
でも、大半の岐阜人の皆さんは、これからのHOMEは貴重なものとなる。


だから、サポーターの皆さんと「勝つ為に応援したいんです」
それも、選手やゲーム展開の先を見越して"先押し"をするんです。
俺達が先にアクション起こして、チームを勇気付けるんです。
もっと、サッカーに没頭しようぜ!


球団の皆様、貴重なHOMEであと何勝するんです?
もっと、もっと、サッカーに没頭しましょうよ!!
雰囲気作って、勝たないと、「来年は無い」ですよ?


松永監督!
「今日の勝利、それが俺達のモチベーション」です。
モチベーションも、もっと考えていかないとチームは持ちませんよ。





【HANZO】







スポンサーサイト

横断幕を作成します

20080412135340_20080901000236.jpg

"蝮"の皆さんと共に、FC岐阜応援用の横断幕を作成します。
そこで、作成に際してお手伝いいただける方を募集いたします。
参加したいという方は、以下の集合場所にお集まりください。



【日時】
2008年9月14日9時~12時

【集合場所】
岐阜メモリアルセンター サンサンデッキ周辺

【テーマ】
故郷岐阜

【作業内容】
塗装作業

【その他】
・雨天により延期又は中止となることがあります。
・刷毛持参していただけますと助かります。
・FC岐阜セカンドの天皇杯1回戦前にお立ち寄りください。
・汚れても良い服装をお勧めします
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。