• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

+αを産もう!

20090329124839.jpg


徳島遠征おつかれ様でした。
ピッチの上もサポーターもミスがあった試合。
個人的にはそう感じています。
でも、サッカーも人生もミスは人間だから当たり前にある。
若ければミスをする権利がある。


問題はやっちゃった時に、どれだけ前向きに挑めるか。
グループや仲間として、闘い抜けるか。
そういうモンを出し合えた事に、この試合の「かち」があった。
負けて、いつもと違う気分を「現地で」感じた方の真髄はソコだと思います。



さて、ここで得たこの「経験値」
これを徳島戦だけの「満足感」だけで終わらせてはもったいない。
私は選手じゃないから、サポーターとしての話をする。
それしか改善しようがない。


まず、ここで感じたモノを人に伝える。
伝わった人が、更にその「想い」を人に伝える。
このサイクルが機能して、初めてチームは連動するワケです。


こうしないと、いつまで経っても岐阜はJ1にはいけない。
ただ、人によって「伝え方」はそれぞれ。
だから、「アレをやってくれ」とは言わない。
そもそも、人に言われてやっても仕方がない。




だから、岐阜が大きくなるには「伝える側」が沢山増える事。
何年と携わってるサポーターなら1人1人想う事。
「あぁ、自分も伝える側に」と想う。


じゃあ、どうやって表現するか?
今してる事の+αを考える事から始めたい。


拍手を選手に見えるよう頭上でしてみる。
いつもより、近くで応援してみる。
新顔のサポーター仲間がいたら1声掛けてみる。
…何だってプラスになる。
その背中を見た誰かが何かを感じて、前向きになる。




岐阜を大きくするのに近道はない。
「それぞれの自分」がいないのに大きくなるハズがない。
誰かに大きくしてもらうモノでもない。
だからサポーターも集い、走らないとね♪




岐阜の事だから、他人事ではいられないんですよ。
今で満足……なワケないよね?




次のhome、勝たせましょう!

【HANZO】
スポンサーサイト

573696432_32.jpg

友人よりメッセージを承る。


---------(※転載)-------------------------------------
「おれたちの旗で、ピッチに力を」

ピッチの選手を鼓舞するために、ピッチにポジティブなメッセージを発信するために全員で旗を靡かせよう。
若く不安も多い俺たちのチームには力強いHOMEが必要だ。
緑色に波打つ何千、何万もの旗で俺たちの"La Nagaragawa"を染め上げよう。
遠いアウェイの地でもスタジアムの一角にはHOMEを創ろう。

合言葉は「岐阜サポなら1人1旗」。
スタジアムへの持ち物に、旗を1本加えてほしい。
1人1旗、みんなで持ち寄って緑の勇者にキモチを伝えよう。

------------------------------------------------------



通常旗は、風になびく。
しかし、振り旗はチームに追い風を呼び込む。
自分で流れを呼び起こすという点では少々違う。
自分が振り始めなきゃ、旗にスタジアムにピッチに躍動感は与えられない。


・・・・ってなワケで、早速こしらえた。
旗振りは、フロントから見れば躍動感を伝える。
振り手の後ろは・・・試合が見にくい?
是非とも一緒に振ってみましょうよ。

きっと、自分の前の方が一生懸命に振っている気持ちが伝わります。
振り手は背中でも語っているわけです。

573696432_69.jpg


【HANZO】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。