• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20090425120126.jpg

AWAWで見せる気迫と、いい流れ。
これを岐阜に持ち帰って、皆で勝とう!
何度も何度もチャレンジして、勝てない。


今日の試合は「キモチが強いほうが勝つ」って思ってた。
でも、試合後に思うわけだ。
「勝ちたいキモチが強い方が勝つ」


相手チームは、完全にサッカーを犠牲にしても勝ちたいというものが見えた。
・チーム状態が良くない。
・長良川の水溜りピッチ。
きっと、これが背景にあって前線に素早く放り込むサッカーをした。
これに、何としても勝ちたいというキモチ。
それが、岐阜DFが必死のクリアをする時に圧力をかける。
結果として、岐阜陣内でのゲーム時間が多くなる。


翻って岐阜は、玉の走らないピッチで「繋ごう」としていた。
おそらく、そういうコンセプトがあって、それを守らなければならなかった・・・のかな??
そんな風に見えるほどに愚直に繋ぐ姿勢が見え・・・後半もさほど変えなかった。


岐阜はここ数試合、期待が持てる試合をしていた。
HOMEに帰り、その試合を・・・よくメディア等でいわれる「自分達のサッカー」ってやつ。
それを存分に示して勝ちたかったのかもしれない。
ただ、時としてそれを捨てる日も必要なんじゃない?
って、思えるほどに長良川の、そう本当に長良川横にあるピッチは水はけが悪い。
HOMEグラウンドの特性を知っていて、という事であれば采配ミスと言えた。
ひょっとしたら、フレキシブルに「命令無視」をするのも現場だと思う。
でも、岐阜はそんな風土じゃないのかな???何て方が心配な試合だった。


失点時のミスについては、何もいわない。
そういう事が起こり得る状況で、シュートを果敢に打つと成果が出る。
ただ、恭平にはキックについてレベルアップして欲しいと願う。
俺達はまだまだ上を目指していくんだ。
だから、今日みたいなキックをしていてはいけない。
ゴールキックがミスや距離が出ないから、岐阜陣内での試合時間が多い要因となった。
些細な事の繰り返しだけど、ゲームの流れなんてデリケートなものだ。
失点時のミスより、そちらの方が気になり奮起をして欲しいと願うばかりだ。
ただ、至近距離からの反応は素晴らしく、彼だったから「失点1」だったともいえる。


俺は他人だけに要求をするのが流儀じゃない。
だから、サポーターも個々でレベルアップしたい。
もちろん、選手もチームも、そしてフロントもレベルアップだ。


試合後、仲間と話しててね。
「どーやったら、勝ってもらえるようになるんスかね」
そしたら、即答で仲間が言うわけだ。
「継続しかないでしょ!」ってね。


雨風大変な中、皆様お疲れ様でした。
さぁ、今度も勝つための準備・・・ダンマクでも干すとするか。
・・・カァちゃん達には内緒だぜ。
20090425210757.jpg








【HANZO】






【おまけ】
20090425120258.jpg


本日のキックオフ前、1時間ミーティング。
飛び入りで、ゲストが来てくれた。
5/2に素敵な届け物をしてくれるという。


このデッカイ届け物を、皆で味わおうじゃないか!

スポンサーサイト

20090419150423.jpg


どっちが勝ってもおかしくない試合は。
どっちが勝ってもおかしくない。


やっぱ、トドメを刺さなくてはやられる。
攻守が表裏一体なスポーツなだけに、後半戦はスリリングだった。
ある意味では、トドメを刺せなくても負けなかったのは評価できるかもしれない。
それぐらい岐阜のディフェンスは格闘して、ガイジンとデカイのを抑えた。


勝負所で最高の力を発揮する。
今の岐阜は好チームであるけれど。
あと一歩が出ない。
ここで、奮起しようじゃないか。


イイ線までいってる奴はごまんといる。
決定機で決めきる!
ピンチのセットプレーは全力で守りきる!


HOMEで勝利する!
これは、プレッシャーでもなんでもない。
チームはこれに応えてくれる状態であると思っている。


さて、ボールが蹴れないサポーターの俺。
やっぱり、早くスタジアムに来て準備するだけ。
変わらず、変わらず、続けるよ。


HOMEで勝たせる準備をする。
俺は皆が団子のように集まって。
息遣いが聞こえるくらいに声を枯らすのが好きである。


何故なら、チカラも声も集中した方が発揮できる。
俺は選手に集中しろとは言わない。
俺が集中して応援する!!


自分がどんだけ為になるかっつー所で、岐阜の勝利に貢献したいな。
届かないと思えば、近くに寄る!







【HANZO】

for THE TEAM

20090415205332.jpg


立ち上がりの失点シーンはミスからのもの。
3つくらい対応がマズかったのがあって1失点。
サッカーは、ミスをすればヤラれる。


失点後にもディフェンスのミスがあった。
しかし、その時は自陣ペナ内で、岐阜の選手が一丸で守ってた。
ミスは起こりうる、でもその後に"全員で"・"必死"のリカバーを見せた。
個人がミスをしても、皆で挽回する。
それが、チームというものだ。


今日の試合は、惜しかったのかもしれない。
展開や決定機の数はさほど変わらなかったかもしれない。
そう、寸での所でゴールは奪えず、寸での所を守れなかった。
この"寸"というのが、実は非常に大きいんだ。


岐阜は経験に乏しく、万全には見えなかった仙台だが経験値で勝った。
そこが勝敗を分けたとも考えられた。


ただ、俺は若い選手のミスを攻めようなんて気はサラサラない。
人間は経験を積んで強くなって、安定感が増すんだ。
本職がDFでない秋田があれだけ安定しているのは
きっと、この年齢まで真摯にサッカーに向き合ったからだろうし
うちの10番が、あれだけ例を見ないプレースタイルで活躍できるのは
彼なりのプレーを試行錯誤してミスをしても、やり通したからこそ今がある。


だから、ミスを恐れちゃいけない。
ミスで人を潰してはならないんだ。


だから、試合中。
俺はミスで怒ったりは絶対しない。
それを恐れて仲間が消極的になっては、それは応援にならないから。
個人がミスをしても、皆で挽回する。
それが、チームというものだ。


何故なら我々のゼッケンは12番であって、選手と同じであるからね。


選手とちがうのは、俺らはボールが蹴れない。
その分、声を出してサポーター仲間と歌や手拍子を届ける。
仲間(選手)を勇気づけ、ノせて、ミスはカバーする。
試合中は常にポジティブで、どうにか岐阜を勝たせたいんだ。


選手とちがうのは、俺らには次も・その次もある。
でも、プロである選手には「次がない」場合もある。
俺が試合後に「次がある」と言わないのはその為だ。
しかし、今日はどうにか「次があって欲しい」と願うばかりだ。


若者は、厳しさや、やりがいで飛躍的に伸びる。
俺は今年のチームにそういうものを見たい。
(もちろん、俺と同じベテランも大好きやけど)
選手もサポーターも、若いヤツには思う存分サッカーをして欲しい。
選手も、サポーターも今日の試合で1試合の経験値を積む。


若いヤツが伸び伸びやれる環境をつくる。
今日はクラブから学生さんの優待があったみたいだ。
素晴らしい企画だと思うし、クラブにはその英断を感謝している。


岐阜のチームが勝つには、やっぱ俺達岐阜を応援する人の熱狂が不可欠だ。
大金払って既に凄いトコよか、全然「携わってる感」が違うから。
俺達のチームだ!
それを創るのは俺達"岐阜人"でしかないもんね。


今日の試合を、しっかり消化して臨んだら。
今度は全然勝てると思うのは俺だけかな?




【HANZO】


20090415175520.jpg

コレ、"情熱"って意味。
屋根は飾りにくいけど、気合が緩まないよう"ピンピン"に張ります。
やっぱ「情熱」全開で!!ナダレろ!暴れろ!!皆で熱狂しようぜ!!!

20090415175623.jpg

20090411152230.jpg


お互いのチームが持つ若さが、いい意味でも・悪い意味でも出た試合。
ミスは誰でもある、しないに越した事はない。
それを、チーム・サポーターでカバーした点が良かった。
諦めないで、アクションしつづけて、ようやく奇跡が起きるかどうかって事だ。


2点のビハインドで、やる事がハッキリした。
時間のある2点リードは、『受け』が働きやすい。
ソコを突くのがセオリーというもの。
『1点返せば、状況は劇的に変わる』
じゃあ、俺達はまず1点返す事に集中したサポートをしよう!
そういう経験をサポーターが積めたことも小さくはない。


PKを獲得したシーンもそう。
ディフェンスが2人で挟みこんで来たら、その真ん中を攻める。
それが、セオリー。
セオリーを経験して、やれるようになって、サポーターも強くなる。




岐阜サポーターは『ナダレ』る。
『ナダレ』発祥の地で、起こった大雪崩。
思いのたけを声援に変えて、俺達のチームが勝てるようにと助け合おう!


今度は勝って、大ナダレだ。
目先の1勝に、とことん固執しよう!!





【HANZO】






【追伸】

次回HOMEの仙台戦。
お仕事、学校がある中ですが『La NAGARAGAWA』に集いましょう!


横断幕の設置をお手伝い頂ける方は、お助けください。
平日開催とあって、人手でご協力頂ければ幸いです。
スタジアムを彩っていくのも、なかなか楽しいものなんです。
私も、キックオフの3時間半前にはスタジアムにおります。


共に、岐阜を・スタジアムを創りましょう!!

20090411154310.jpg
※横断幕はこんな具合に輸送されます・・・天気でよかった(汗)

20090405154343.jpg


俺は負けた試合後に、拍手をしない人間です。
共に汗かく、サポーター仲間と握手すらしません。
俺はそういう奇人変人です。



いい試合内容、全力で頑張った選手達。
しかしながら、HOME0-2で敗戦した事実だけは残り、相手の凱歌が流れる長良川。
そして、拍手で迎えられる選手達。。。。
胸に残るのは違和感以外の何ものでもない。



拍手と握手には、人を安心させる効果があるかもしれません。
ただ、その安心感も確かなものがあればいいと願うばかりです。


拍手もまた然り。
ごくごく個人的な考えですが、惨敗での拍手は負けた仲間に失礼な気がしてできないんですね。
まったくもって、狭い考え方です。
ご理解は頂けないと思う。




俺は、若い頃の恩人に沢山叱ってもらって、中途半端な「なんとなく人生」から拾ってもらいました。
当時、職場で毎日・毎回・その都度・・・・全部が全部、『至近距離』で叱られました。
俺の経験が不足していて仕方がなくても、言い訳をさせず『その時、その場で』叱ってもらえました。
本当に毎日がストレスの連続でした。


でも、ある時から。
この恩人が、俺の為を想って厳しくしてくれているのに気がつきました。
この人は、自分が嫌われても、周りの空気が台無しでも、叱ってくれているんだと。
思いやりと、組織を伸ばそうという信念、そして肝が据わらないと、なかなか出来ない。


『情けは人の為あらず』という事です。
誰の為?情けは自分の為です。
自分に甘い人は叱れない。
誰だって、人にはよく思われたいものだから。


スタジアムを離れれば。
俺も世代や職場では、いわゆる中堅どころの年齢です。
果たして俺は、キチンと『叱れる』人間になれるだろうか?
相手を思いやって、厳しくする事ができるだろうか。
ヘンに評判や、格好を気にしちゃって、外れてやいないだろうか。
恩人のように接する事ができるか・・・なかなか現実も大変なモン。
でも、自分がやらなくてはいけない。
他人に「厳しくやってよ」なんつーのは最悪だから。


サッカーも仲間だからこその、厳しさがいります。
ただ、俺は仲間に罵声など浴びせる気持ちはこれっぽっちもありません。
試合前から、試合中+ロスタイムまで、全力で声援します。


ただ、それでもスポーツはベストを尽くしても勝てない事があります。
それを励まし、支えるのがサポーター。
次の試合は、もっと更に応援します。


でも・・・良かった内容でも、負けは負け。
正しいレスポンスをしないと、愛する彼等の為にならない。
俺はそう考えて、精一杯闘った彼等と福岡戦後、どう向き合うのか???






























・・・・・・・拍手をするのを、我慢してんだよ!








【HANZO】

『恐れず、前を向き、ゴールを奪え』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。