FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

嘘で、誤報で、取り消しがあってと思うが。
片桐淳至が移籍するらしい。


相思相愛だったカカーを失ったACミランTifosiの気持ち。
サッカー批評に出ていた「私すっごくビンボーです。今更周知の言い訳記事」のリリースタイミング。
この虚しさといったらない。


彼のキャリアアップになればという声もある。
彼は素晴らしい選手だから、オファーがあるのは当然だ。
ただ、本質は・・・その内容を丁寧に見てわかることだ。


移籍金最終年での移籍を考慮すればスジガキというのは容易に見える。
移籍金といっても相場を考えれば・・・高くもないだろう。
俺達の片桐は、はした金を詰まれて売られる選手じゃない。


ここまで、切迫しているから仕方がないという見解もある。
最後のカタナは抜かないようにするのが、仕事というものだ。
FC岐阜はまだまだ、お金・・・というよりは企業としての信頼を集められてなかった。
お金がないんじゃない!繰り返すけど信頼を得るに至ってない。
そこを見過ごすと悲劇は繰り返される。


企業が集められなかった信頼とカネ。
それをピッチで存分に信頼を発揮した選手が肩代わりしての移籍。
そんな風に感じてしまう私はひねくれ者だろう。


FC岐阜サポーターは心まで貧乏ではない。
そんなサポーターの拠り所と、選手と築き上げた信頼まで取り上げられてしまうとは情けない!
片桐は点を獲ったり、勝利をすれば笑顔を隠しきれないヤツだ。
彼の進化と、岐阜の進化がリンクしていただけに喪失感は大きい。


「共に育つ」とは、いかがなコンセプトか?
共に育っている仲間が、売られてしまう悲しさ。


「子供達に夢を」
私の父親は、仕事の辛さや愚痴は一度もこぼさなかった人物だ。
金がないなど頻繁に発信している企業が何故「夢を」なのだろう?





ともあれ、自分達の考えは岐阜の選手とチームの為に応援をする事だ。
明日は岐阜のチームと勝利と、片桐淳至の為に全霊を発揮する。




【HANZO】
スポンサーサイト