• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vs 草津

20080519201810

岐阜 0-1 草津
長良川 3,035人




試合が終わって、俺は2つの事をしました。
1つは、サポーター席に挨拶にきた選手を歌で迎えました。
インタビューで「試合に負けて申し訳ない」という談話。
選手がサポーターに対しての記事を見ることがあります。

昨日の試合後、俺はこんな事を思っていました。
「君達があんなに頑張っているのに、サポートできず申し訳ない」
もう、選手の皆さんと目を合わせるのが辛い。
それでも、しっかり目を合わせとかんといけない。
辛いことから逃げてはいけないと、唇をかみ締めました。

誤解してほしくないのは、サポーターの誰それが…という話ではありません。
「岐阜」ってくくりの皆が、「草津」ってくくりに完全に負けたわけです。
サポートやスタジアム、5/18日におけるフットボールでの話でね。



2つめは、ただ、対岸(AWAYサポーター)を見てました。
何回も言いますが、AWAYの勝利で彼らには喜びを爆発する権利があるでしょう。
これを、俺としては無視するわけにはイカンわけです。
(向こうと距離があって、本当に良かったよ)
悔しい想いや、辛い想いは「引きずる」必要はないでしょう。
それでも「忘れ」れば、経験値はいつまでたっても蓄積されません。
日本のスポーツ界で頻繁に使われる「切り替える」って言葉がね。
どうしても、肌に馴染まないんですよね。

「切り替え」って、ポジティブ風な言葉に誤魔化されて。
俺は大切なモノを、どこかに忘れちゃいそうな気がしてね。


----------------------------------------------------------------------------


HOMEで勝てない。
ついには、地元の新聞にも書いてありました。

俺が思うのはですね。
勝つのが容易ではないから、応援するわけじゃないですか。
毎年昇格のチームだからね、そこんトコが難しいと思うんです。
負けて、悔しくて、何とかしようともがく。
「気持ち」「経験」が育つには、まだまだ時間がかかります。。
ただ、育つも何も、これからでしょ?
これからだから、急いても仕方がない。
トントン拍子の出世を、勝ち馬に乗っかってるのを、望むわけではないんです。

職場とかで、良い時だけお調子モンの人…いません?
あんな人、応援には向かないと思います。
観客動員に響くかもしれない。確かにそうでしょうね。
でも、基本的にソコはサポーターが心配しても仕方がないのです。
仕事には分担があるんですよ。
球団の仕事をとっちゃダメ。

勝てるように頑張って、想いの輪を広げる。
そっちのほうが、純粋でも迷わず行動できると思うんだけどな。

きっと、草津だってJリーグのシーズンで苦い経験を積んでるはずなんです。
だから、ああいう素晴らしい応援ができる。
危機感を知っているから、腹の底から声が出る。
そして、スポーツにおける勝利が何よりってのを知っている。


俺は、皆に伝えたい。
「切り替えちゃダメ」、あの草津サポーターの姿を「焼き付け」た方が数倍いい。
気分が良くないかもしれないけど、負けを負けと認めてこそ、次があるんだよ。
ほらほら、日本人ってなんか綺麗にまとめちゃうじゃない?
ダメだよ、無理しちゃ。

悔しいモンは悔しいよね。
日野のファインセーブなかったら、もっと点獲られてたよ。
しっかし、試合終了間際の、パワープレー。
高さとスピードが、"もう1枚"欲しかったなぁ。
草津の運動量が落ちなかったのもあってさ、数的不利を感じたもん。


----------------------------------------------------------------------------
今日は、完敗。

そして、第1クール終了だから試合内容以外の事を多く書くよ。
俺は絶~対、愚痴をタラタラとは書かないから。
試合を通じて気がついた事を書かせていただきます。
読める方は、最後までお付き合い頂けたら嬉しいですね。




「勝たないと、お客さん増えないぞ!」
試合後に選手に向けて、そういう声が聞こえました。
言論の自由があります、想いのたけは叫べば良いでしょう。
営業的な視点であれば、理屈はわからんでもない発言でした。
しかし、何の為に言ってるのか、さっぱり理解ができません。
何故なら、その人はサポーター席にいる方だったから。
叫んだメンタリティーを突き詰めれば・・・それ、ストレス解消です。

ペナルティーキックの時に笑い声やら、ざわつきが聞こえました。
人に指導をするような者ではありませんが、思わず言ってしまいました。
「キックに集中できる環境作ってあげようよ」って。

試合後、緑のシャツを着替えている方がおられました。
インナーには他のJチームのジャージーを着用されていました。
別に何を着ても、自由ですし、何を思うのも自由です。
ただ何故、FC岐阜の試合にそれを着る必要があったのだろう。
何故、試合後のゴール裏でそれを着替える必要があったのだろう。
首を傾げる事しかできませんでした。

試合も開始間近なのに、応援席はガラガラ。
試合中なのに、早くも来週のツアーの話に夢中になってしまう。
前半点が入って盛り上がって…ハーフタイムになると食事に行って後半に遅れる。
負けた試合の後で、さっきまで一緒に応援していた仲間が
携帯電話で、J1の情報を見て盛り上がっている。
隣にはさっきまで一緒に応援していた仲間がいるのにもかかわらず…。
負け試合後なのに、「ネタ的」なゲーフラを掲げ続ける。


----------------------------------------------------------------------------


これは「想い」がないのか「デリカシー」がないのか。
一体どちらに要因があるのでしょうか?
でも、俺はそんな彼らを否定しているわけでもないんです。
FC岐阜というプロスポーツが、急に岐阜にできた。
「気がつく」までに、人それぞれ時間が必要なのです。

ありえない例え話だけど、入院した人に花を持っていくとします。
何も知らない幼稚園児が、「菊の花」をもって行ったとしましょう。
言わずもがな、「菊の花」は見舞いに持っていく花ではありませんね。
それでも、彼なりに一生懸命行動はしているのです。
ただ、残念なことに「経験」がなく「形」のみを真似している。
だから、ズレているわけです。

あなたなら、この幼稚園児にどのようにアプローチをしますか?
他人の子供なら見過ごすのも、「大人」なのかもしれません。
誰かに注意してよと、自分が「何かしたつもり」になりますか。
俺は、彼と付き合う事を考えます。
付き合って、俺の経験を伝えます。
親や先輩や上司がしてくれたように。
「想い」を伝えるのが、人間的ってなモンでしょ。


----------------------------------------------------------------------------


今日ね。
俺の近くに、他球団のカードを喜んで見せてくれちゃう子がいたんです。
正直に言うよ、「デリカシー無ぇ野郎だな!」イライラしました。
でもね。
この子、見てると、どの若い子達より早い時間にゴール裏に来るんです。
「FC岐阜応援してる」っていって、試合ギリギリに来る子よりもです。
「どいてくれ!」なんて言えないよね。
でも、「ここは、FC岐阜を好きで応援する所だ、カードをしまえ!」
そう言ったら、しまって応援を始めてくれました。
チャントの歌詞はビミョーに違うし、タイミングもズレてる(汗)
でも、「こいつ、カワイイ奴だな」って思ったよ。

しかし、彼に勝てるヤツ、まだそんなに多くないんだよ。
「勝ってほしい」って、口では言ってるチームの練習。
そいつが始まってもゾロゾロ歩いてやって来る。
駐車場が少ない?
んなもん、勝ちを見たいなら早く来て、勝って欲しいって表現しなきゃさ。

表現するのはね、誰かにやってもらうわけじゃないんだよ。
まずは、自分自身から変えて、経験積んで、それの繰り返し。
サッカーも、仕事も、友達付き合いと、一緒。

それをね。
「便利な今の世の中」は他人やサービスに要求しあう。
ここが、歪んでるんだ。


----------------------------------------------------------------------------


俺はね、他人に「アレをやれ」とは言えません。
もしくは「これは禁止」とも言えません。
何故なら、皆さんと同じチケット代を払ってスタジアムに来ているからです。
信頼している仲間には言うけどね。

ただ、気持ちをお伝えしたいとは思います。
人が何か行動するのには、絶対「理由」があるわけです。
その人の「想い」だったり、「考え方」で人は動くわけです。

若い子や、経験のこれからの人が
「でも、何をしたら良いかわかんない」と言う事があります。
そんなもん、自分で見つけろ・・・・とも、言いたくなるけど。
俺自身が、甘ったれで、人に迷惑をかけた人間なんで。
そこは、伝えていきたいと考えています。


「Jリーグの他チームの人が見たら、レベルが低いと笑うかもしれません」
他人の評価は気にしない性格なんで、笑ってもらって結構です。
その代わり、相手が油断したら、仕留めるぐらいの気持ちはもってます。
その積み重ねをやりたいと、皆に伝えたいのです。

----------------------------------------------------------------------------

さぁ!5月はHOMEの試合が続きます。
HOMEで負けていて、1番勝ちたいって思っているのは選手じゃないかな。
俺達は、「要求」するんじゃない。
まずは、「勝ちたい気持ちを」ピッチの上の連中と同じに高める所。
そこから、はじめませんか?



だから、そんな人は声掛けてよ。
たいてい、俺の好きな長良川のゴール裏にいるから。
ただし、「デリカシー」は守ってくれよ。

試合開始1時間前は、もう戦闘体制でいるべきもんだろ?
・・・・本当に、「一緒に勝ちたいって思っている輩なら」


(と、いいつつ、日曜日は仕事なので頑張って早く抜け出します!)
(うわー、最後の2文、俺超ダセー!!)


【HANZO】
スポンサーサイト

コメント

ども。土曜日曜とお世話になりました。
「試合内容以外の事」、全く同じことを考えてました。
言いたくてもなかなか口に出せなかったので、Hanzoさんに代弁してもらえたようでちょっとスッキリしました。
>ひらっち

先日はお疲れ様でした。
俺はね、インターネットや機械が、実は苦手なんだよ。書いた人の「想い」や「意図」が伝わらないケースが多いからね。


「どういう気持ちで」・「何の為に」 サポートしてるのか。人に強要なんてできないけど、「考え方」を共有できたらと思っているよ。


草津戦は大変だったと思うけど、落ち込まなくて良いからね。俺達皆が負けたんだ。そいつを胸にしまって、次は勝つぞ!
話がかわってもうしわけないですが、試合後はサポーターはびったれやであつまっているんですか。
>aさん
コメントありがとうございます。そして、ゴメンなさいね。
本文と関係ない質問で、不特定多数の方からの質問について。
私はお答えする義務がないので、お答はいないのです。

是非試合会場で、お声を掛けてください。
喜んでお付き合いをさせて頂きます。
この方が、きっと仲良くなれますよ!

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。