• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vs 福岡

20080412135325.jpg

福岡 1 - 5 岐阜 
(レベルファイブスタジアム 7,854人)


この結果を予想できた人はいないと思う。
何故なら、「出来過ぎ」だから。
でも、これは岐阜の実力でもある。
素晴らしい勝利をありがとう!

-----------------------------------------------------

個人的には、試合の中で2点ほど印象的なシーンがあった。
1つは、前半失点してから数分後の自陣ペナ(※)内での交錯シーン。
(※ペナルティーエリア)
岐阜のデフェンスに対して、笛は鳴らなかった。
吹かれるかとも思ったけど、笛は鳴らなかった。
プレーを止めてしまう相手選手、それ以降動きが良くなる岐阜。

判定結果は、すでに"過去"の結果。
これを、受けてどう振舞えるかが、1つのキーだったように思う。
前半は完全に押し込まれていた。崩されて失点もしてしまった。
「そうでなければ、越したことのない」現実だったけど、逃げずによく辛抱した。
サポーターも、とにかく1失点で乗り切ってもらえば…と感じたハズだ。

どうやら、今年のチームは1度相手の出方を受けて分析している。
スロースタートは気になる所だけど、俺達は味方なんだから信じてなきゃ。
焦らない、焦らせない、得点に繋がる小さなキッカケを探る。
サポーターは、まるで最終ラインの選手みたいな心境かな…などと思った。

-----------------------------------------------------

2つ目は、後半のリードが広がった後。
報道などで、「5分間で4得点」と言われた後のシーンだ。
印象的だったのは、「ガチャ(片山選手)のランニング」
パスが強すぎて、ゴールラインを割るであろうボールを必死で追う。
そのプレー、結果として…いや、予想通りにボールはラインを割った。

ただ、これが無駄走りかといえば、決してそんなことはない。
このボールへの執着が、リードしている岐阜の選手を象徴した。
守備陣も中盤も、ハードワークをしながら、やりきるプレーをする。
彼の走りが、間延びしかけた時間帯を締める。
彼の走りが、相手選手に「こいつら、まだヤル気じゃん」と思わせる。
俺達もそれに感動を呼び、声が少しだけ大きくなる。

岐阜で闘う皆に「ポジティブ・スパイラル」を与えた。
黙々と態度で示す、あの走りは本当に素晴らしかった。

-----------------------------------------------------

「この展開だと(終盤試合が荒れて)退場者が出るかもしれない」
近くにいたサポーターの1人が、覚悟を決めたようにそう呟いた。
俺もそれを聞いて、ゴクリと唾を飲んだ。
結果的に後半失点・退場することなく、ボールに絡みつくようなDFで防いだ。
ここの粘り強い守備は、後半体力的にかなり厳しいと思うんだ。
彼等もそう思っていると思うからこそ、次はシャットアウト(無失点試合)が欲しい。

良い守備をしてると、思うんだ。
だから、無失点で最高の手ごたえを、共に味わいたい。

-----------------------------------------------------

そして、最後に。
今日みたいな試合は、もう思い出で良い。
何故なら、冒頭で記述したように「出来過ぎ」だから。
この「出来過ぎ」というのは、単に岐阜が良かったからだけでは成り立たない。

「出来過ぎを」当たり前と思って、期待しちゃ失敗する。
もうすこし言うと、今日の試合の価値は
「前半防戦1方のビハインドを、ひっくり返した」事にある。
正直なお話をすると、昨日の後半はそりゃあ楽しかった。
でも、楽しいときに盛り上がるのはフツーなんだ。

20080412135340.jpg

苦しい時間を、共有して、励ましあって乗り切る!
その結果、花が咲いたのであれば最高。
だから、次節も選手と同様に粘り強く闘いたいと思うのです。

次は横浜FC戦。
こんな素晴らしいチームを是非岐阜の皆で応援したい。
そんな連中は声を掛けて下さい!




【お・ま・け】

20080412145521.jpg

後半の攻撃は、俺達サポーター席に向かっての攻撃でした。
得点の度に、選手が笑顔でこちらに喜びを見せてくれた。
応援してて、これ程嬉しいことはないよ。

20080412145719.jpg

最後に、片桐選手J2初ゴールおめでとう!
最近のプレーを見てて、思う。
彼の故郷はどこなのか?彼の背番号は何番なのか?
彼はそれをよく知って、プレーをしているんだと。





【HANZO】
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。