• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20090405154343.jpg


俺は負けた試合後に、拍手をしない人間です。
共に汗かく、サポーター仲間と握手すらしません。
俺はそういう奇人変人です。



いい試合内容、全力で頑張った選手達。
しかしながら、HOME0-2で敗戦した事実だけは残り、相手の凱歌が流れる長良川。
そして、拍手で迎えられる選手達。。。。
胸に残るのは違和感以外の何ものでもない。



拍手と握手には、人を安心させる効果があるかもしれません。
ただ、その安心感も確かなものがあればいいと願うばかりです。


拍手もまた然り。
ごくごく個人的な考えですが、惨敗での拍手は負けた仲間に失礼な気がしてできないんですね。
まったくもって、狭い考え方です。
ご理解は頂けないと思う。




俺は、若い頃の恩人に沢山叱ってもらって、中途半端な「なんとなく人生」から拾ってもらいました。
当時、職場で毎日・毎回・その都度・・・・全部が全部、『至近距離』で叱られました。
俺の経験が不足していて仕方がなくても、言い訳をさせず『その時、その場で』叱ってもらえました。
本当に毎日がストレスの連続でした。


でも、ある時から。
この恩人が、俺の為を想って厳しくしてくれているのに気がつきました。
この人は、自分が嫌われても、周りの空気が台無しでも、叱ってくれているんだと。
思いやりと、組織を伸ばそうという信念、そして肝が据わらないと、なかなか出来ない。


『情けは人の為あらず』という事です。
誰の為?情けは自分の為です。
自分に甘い人は叱れない。
誰だって、人にはよく思われたいものだから。


スタジアムを離れれば。
俺も世代や職場では、いわゆる中堅どころの年齢です。
果たして俺は、キチンと『叱れる』人間になれるだろうか?
相手を思いやって、厳しくする事ができるだろうか。
ヘンに評判や、格好を気にしちゃって、外れてやいないだろうか。
恩人のように接する事ができるか・・・なかなか現実も大変なモン。
でも、自分がやらなくてはいけない。
他人に「厳しくやってよ」なんつーのは最悪だから。


サッカーも仲間だからこその、厳しさがいります。
ただ、俺は仲間に罵声など浴びせる気持ちはこれっぽっちもありません。
試合前から、試合中+ロスタイムまで、全力で声援します。


ただ、それでもスポーツはベストを尽くしても勝てない事があります。
それを励まし、支えるのがサポーター。
次の試合は、もっと更に応援します。


でも・・・良かった内容でも、負けは負け。
正しいレスポンスをしないと、愛する彼等の為にならない。
俺はそう考えて、精一杯闘った彼等と福岡戦後、どう向き合うのか???






























・・・・・・・拍手をするのを、我慢してんだよ!








【HANZO】

『恐れず、前を向き、ゴールを奪え』

573696432_32.jpg

友人よりメッセージを承る。


---------(※転載)-------------------------------------
「おれたちの旗で、ピッチに力を」

ピッチの選手を鼓舞するために、ピッチにポジティブなメッセージを発信するために全員で旗を靡かせよう。
若く不安も多い俺たちのチームには力強いHOMEが必要だ。
緑色に波打つ何千、何万もの旗で俺たちの"La Nagaragawa"を染め上げよう。
遠いアウェイの地でもスタジアムの一角にはHOMEを創ろう。

合言葉は「岐阜サポなら1人1旗」。
スタジアムへの持ち物に、旗を1本加えてほしい。
1人1旗、みんなで持ち寄って緑の勇者にキモチを伝えよう。

------------------------------------------------------



通常旗は、風になびく。
しかし、振り旗はチームに追い風を呼び込む。
自分で流れを呼び起こすという点では少々違う。
自分が振り始めなきゃ、旗にスタジアムにピッチに躍動感は与えられない。


・・・・ってなワケで、早速こしらえた。
旗振りは、フロントから見れば躍動感を伝える。
振り手の後ろは・・・試合が見にくい?
是非とも一緒に振ってみましょうよ。

きっと、自分の前の方が一生懸命に振っている気持ちが伝わります。
振り手は背中でも語っているわけです。

573696432_69.jpg


【HANZO】

20090119123306.jpg


【2009年 新体制・新加入選手記者発表レポート】


・今西GM・松永監督の挨拶
・コーチングスタッフ紹介
・新加入選手挨拶
・質疑応答
・記念撮影



・今年のチームスローガン
『Challenge to ... 』

・クラブポリシー
『共に育つ』


・GM:4カ年計画で、4年後のJ1昇格を目指す
・今年も10位以内を目標とする。
・セカンド監督は伊藤哲也、コーチ勝野氏、4年後の国体優勝を目指す


-----------------------------------------------------------------------------------

20090119113333.jpg


新加入を決めた選手は、経験も様々。
それでも、「決断」を岐阜でしてくれた事に感謝し嬉しく思うものです。
厳しいプロの世界、とりわけ我がクラブはまだまだ整備されてない部分もある。
でも、そんな若者を鍛え、育て、誇れるような日々になるよう。
サポーターの1人として、歓迎し家族と想って応援したいものです。


気になったのは、GMのお話かな。
昨年までが「ベースの年」としながらも。
今年からは「4年計画」というプランを打ち出している。
俺は目標の軌道修正は必要だと思うけど、「今までチャラ」とは思ってない。
「やりなおしの1年」と猛省し締めてかからないと、来年も同じ…。
いや、今年は昨年が比にならないくらい苦しい年になる。


年が明けて「昨年までチャラ感」を出してた事。
会場で感じた1人としては怖いな。
もちろん、俺は一生懸命ポジティブにサポートする。
地元マスコミの方の質問は、非常に『優しい』
だからか新加入イベントなのに、寄付や資金援助の話に時間が割かれた。


お客さんを向いて、仕事をしないと!
会見だって、俺は楽しいイベントのチャンスだと思うんだけどなぁ。
お金は大切かもしれないけど、いつも同じ話を聞かされてしまう。
「下さい!」よりも「ご提供します!」
ワクワクしなくちゃ、この不況下で人は来ない。


なんとかクラブを延命して、4年後の国体を起爆剤に・・・。
ひねくれた味方をすれば、そんな発言に聞こえなくもない今日の会見。


でも俺は今まで同様、今年のチームを愛して、岐阜の人達と楽しく暴れたいなぁ。
1日1日の努力と積み重ねが大切だからね。
パワーロスしないように、サポートしたい。
球団も含めて皆にメリットがある活動をしていきたい。


20090119112831.jpg



早く、スケジュールも開いて欲しいし。
リストに掲載されていない吉田選手や、森選手のプレスリリースも気になる。
ひっそりと、消えてしまう事なんて・・・ないよね?


お金は、仕事への対価なんだから。
まず、もらうんじゃなくて。


お客さんと、サッカー、そして人(選手・スタッフ)の育成。
これを大切にしているクラブであって欲しいと、近くにいるよ。
変なところで、歪がでてないか目を凝らしてみてるよ。


口だけヤロー!!
自分のプライドが許さないから、一生懸命応援するよ。
違うな。岐阜が好きだから、好きなものの為に応援するよ。



【HANZO】

2009年

無題



昨年度はお世話になりました。
本年度もよろしくお願いいたします。


今年もできうるだけ現場で、そして人と対話をして。
愛するチームを、その勝ち負けでなく。
愛しているからこそ、勝つ為のベストを互いに尽くして行きます。


時に、厳しい態度をとりますが。
これは『真・友情パワー』というつもりで望みます。






世の中、厳しいのは当たり前。
その中で、一生懸命・明るく生き抜く!!
そして、FC岐阜のチームを応援するの事は、私の生きがい。


真剣にやってる中で、深められる絆は宝物です。
不束者ですが、今年もよろしくお願いいたします。





2009年の良い準備しましょう!
【HANZO】

おまたせしました。

本日、Tシャツとマフラーが完成いたしました。

商品をご注文いただいた方、大変おまたせしました!

本日より、ご入金完了の方から順に発送いたします。
(今日全部は出せそうにありませんので、明日の方はゴメンなさい。)

天皇杯での受け渡しの方は持って行きますので!m

※マフラーは完売しています。
Tシャツは残りM×1枚、L×2枚です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。